〜カウンセリングに対する、グレイス・ピリオド代表の思い〜


カウンセリングに対してマイナスのイメージを持たれている方が非常に多いと感じます。精神疾患や大切な人の死、震災等の災害、DVや性的被害など深刻なものでないと行ってはいけない、裏を返せばそういう人がいく場なのだと・・・

でも、決してそのようなことはないのです。考え方や行動を変えたい気持ちがあればどなたでもメリットを感じられると思います。

悩みや不安は、その人の考え方から生じるものがほとんどです。
だから、どうすればもっと仕事が出来るようになるか、どうすれば人づきあいが上手くなるのかなどの悩みの解決には、自己啓発的な意味合いが多いにあります。なので、どなたでもカウンセリングを受けていいのです。

私は、健康診断で必須にするほどカウンセリングは重要なものだと感じています。

心と身体はセットなのだから、定期的に見つめなおす時間を持って悪いことはないはずです。

自分自身を見つめなおす時間を日頃とっていますか?利害関係がなく、自分を受け入れてくれる人に自分をみてもらうことはありますか?

育ってきた環境や今の状況において、あなたの思う当たり前は当たり前ではないかも知れない。
自分自身で自分の可能性の限界を勝手に決めているのかもしれない。

そのようなことで思い悩む人は大勢います。カウンセリングをあなたの可能性を広げる手段として使ってみてはいかがでしょうか?

このような素晴らしいものを広めるべく、「カウンセリングをもっと身近に」という信念のもと、一人でも多くの人にグレイス・ピリオドのライフコンサルタントのカウンセリングを経験・体験してもらいたい。

カウンセリングは今をより良くしようとする人の全ての助けになる。

このようなことを伝えるべく身を粉にして日々活動しています。