カウンセラーについて

カウンセラーについて

日本におけるカウンセラーの相談率はかなり低いものです。

欧米・欧州に比べてかなり出遅れています。

 

特に欧米では競争社会なので、

常にストレスを抱えている人が多くストレス発散にパーティーをするかカウンセリングを受けるかというほど、

広く一般的になっています。

 

現代の日本においても資本主義経済の下、またはアメリカの影響からか競争社会になっているように思います。

「勝ち組」「負け組」なんて言葉があるくらいですからね。

人が生きていくのに勝ち負けなんてないのに・・・

 

しかし、日本人は忍耐強く、勤勉で誠実な国民性からストレスを溜め込む傾向にあります。

また、島国特有の排他的な面もあるので新しいものに触れ合う機会の少ないものには消極的です。

 

自殺者数にしても、パワハラ・セクハラにしても、散財による借金にしても、多くの人の心は悲鳴を上げているのです。

 

カウンセリングを受けるということがどういうことなのか、正しく理解をし、ありもしないマイナスのイメージを払拭することで、心身ともに健康的に生きませんか?

 

まずは、そこに触れてみて必要ないと感じれば止めればいいし、必要だと感じればカウンセラーとお話してみるのもよい体験になると思います。

 

一点だけ注意点があります。

カウンセラーは公的資格を必要としません。

 

なので、名乗ってしまえば誰でもカウンセラーになれるのが現状です。

 

専門知識や精神疾患等の知識を持っていない人に相談するとかえって悩みが深刻化するケースもありますので、

ご注意ください。

 

「どのカウンセラーを選べばいいか?」

 

あなたが、実際に接してみるに越したことはありません。

また、ホームページ等に概要など記載されているので、そこを読んでみるのもよいでしょう。

抽象的な表現ばかりのところは控えたほうがいいかもしれません。

 

しっかりと学んだカウンセラーであれば、どういう理屈で悩みを抱え、どういう対象法が有効か明確に示すことができます。

また、心理療法も決まったものを扱うのではなく可能な限り全ての心理療法を視野に入れなければなりません。

現状私は、来談者中心療法・交流分析・論理療法・認知行動療法・行動療法・フォーカシング・芸術療法(絵画療法・音楽療法・ダンス療法)・ゲシュタルト療法・アドラー心理学等から、あなたにあった心理療法を組み合わせ進めていきます。

今後もカウンセリングに導入可能なものは日々入れていき、日本一のカウンセラーになることをお約束します。

 

自分に合わないと思ったらすぐにカウンセリングをやめること。

 

カウンセラーも相談者(クライエント)も人間です。相性はきっとあります。

カウンセラーの前で利害関係は無いので、「必要ありません!」とすぱっと止めて他の人を探した方が賢明です。

 

また、精神疾患等で悩んでいる方もセカンドオピニオンとして、

エネルギーは必要ですがあなたに合うカウンセラーを探してみるのも悩み解決の近道になると思います。

 

先生により意見は分かれますが、行動療法等は薬物療法より効果が高いと認めている医師もいらっしゃいます。

 

個人的には、薬物療法は対処療法だと考えます。

身体への不調を軽減させ、その間に自己治癒しなさいということだと思います。

心の傷は痛みを伴いますよね?薬で治そうとするより外科手術(カウンセリング)の方が効きそうなイメージを私は持ちます。

関連記事

  1. 心理療法、検査、占い、ヒーリングは過信厳禁 ~目の前に答えが…

  2. ストレスが爆発すると、人はどうなるのか~予防カウンセリングの…

  3. カウンセリングを受ける目安 ~「心の健康診断」始めました~

  4. 行動≧思考>感情の順で人は変わりやすい ライフコンサルタント…

  5. 良いカウンセラーの探し方 それはとてもシンプルな答えです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

人気の投稿とページ

最近の記事 おすすめ記事

ブログランキング