ラジオ体操のすすめ ~1日のスタートを運動から~


ラジオ体操のすすめ ~1日のスタートを運動から~


 

日本人なら誰もが知っているラジオ体操。

 

私も小学生の頃は早起きをして、出席スタンプ目当てによく行ったものです。

 

なんか最近やる気が起きない、元気が出ない、意欲がわかないといった人にはぜひおすすめです。

 

運動不足の解消にも繋がりますので、朝の3分だけ時間を作ってぜひやってもらいたいです。

 

出来れば、朝起きてすぐに取り組むのがいいかと思います。

 

朝は、まだ脳の動きが鈍く、身体全身がまだ目覚めていない状態にあります。

 

ラジオ体操をすることで、呼吸が少し早まり、また全身運動なので身体中が目を覚まします。

 

また、エネルギーも多少使うので、朝ごはんを少し多めに食べても問題ありません。

 

すると、食事から得られるエネルギーも増えるので1日ないしは、午前中を元気に過ごすことが出来ます。

 

また、ラジオ体操で個人的にとてもいいと思う動作は、最初と最後の呼吸と、ジャンプの動作です。

 

血中の酸素濃度を上げるためにも、呼吸は整えておくことに越したことはありません。

 

また、ジャンプ運動はラジオ体操の中ではハードな動きなので多少息が上がるのを感じる人もいるかもしれません。

 

少しの負荷を身体に加えてまた呼吸を整えて終わるというのは、非常に理にかなっているかと思います。

 

ジャンプ以前の動作はむしろ、ジャンプをするためのストレッチのようなものだと個人的には考えています。

 

恥ずかしがらずにちゃんと「開いて、閉じて」もやってくださいね。

 

さて、もう1つ補足しますと、

 

ラジオ体操をする場所ですが、陽の光を浴びながらすることが望ましいです。

 

家の中の蛍光灯では500ルクス程度の光を浴びないのに対して、曇り空の外でも50,000ルクス程度は光を浴びることが出来るので、家で電気をつけて目覚めるよりもはるかに陽の光を浴びた方が目覚めはいいです。

 

また、太陽光は体内時計の調整もしてくれるので、夜なかなか寝付きにくいという人は、朝起きてすぐに陽の光を10分程度浴びると変化があろうかと思います。

 

心身ともに目覚めることで、仕事の効率は格段に増しますし、仕事をやる気がなくても元気にはなれます。

 

反対に心身が眠ったままの状態では、ミスが増えたり、気分も乗らないので、そんな時に悪いことがあればその日1日がブルーな気分になってしまいます。

 

何事も最初と最後は大事です。

 

毎日訪れる朝のあり方も少し変化を加えることで、1日がいいものになるかもしれませんよ!?

関連記事

  1. 目的の先にある目的は何か・・・終わることのない人生の旅路

  2. 最強のメンタルトレーニング=筋トレ!?

  3. 過去にif(もし)はないが、未来にif(もし)はある ~未来…

  4. 涙の意味 心の冷たい壁は涙が開ける?涙活(ルイカツ)応援プロ…

  5. 自分とは何か?人にまみれた世界で自分を取り戻せ!今生きている…

  6. 薬に頼らない睡眠法 ~ライフコンサルタント林の勧める快眠術~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。