心理療法紹介 ~アドラー心理学編~


心理療法紹介 ~アドラー心理学編~


 

心理療法紹介とタイトルにあるのに、心理学?と思う方もいるかもしれませんが、心理学を学ぶことで自身の生き方を見つめなおすきっかけともなり得るので紹介します。

 

個人的な見解では、アドラー心理学は比較的に健康な人で何でも受容できるような心のゆとりがある状態が前提で、自己啓発をしたい、人付き合いを見直したいなどを考えようと思う人には効果的かと思います。

 

なので、気分が落ちている時や、トラブルの渦中にいる人にとっては少し合わないかと思います。様々な書籍もありますが、中には過激というか弱っている人に追い打ちをかけるような表現とも取れないような内容があるのでご注意下さい。

 

では、内容に入っていきましょう。

 

アドラー心理学では、理解することが難しい言葉の1つに共同体感覚というものがあります。

 

簡単に説明すると、自分の利益だけを追求しないで相手の利益も考えてあげて。

 

それが出来たら今度は共同体(家族・友人・職場の仲間・趣味のグループ等)の利益を考えて。

 

そうしたら、今度はもっと大きな共同体(親類・クラスメイト・会社の全社員・同じ趣味を持つすべての人)の利益を考えて。

 

そうして最終的には、全世界の人の利益を考えましょうというものです。

 

利益というのは、しっくりくる言葉が見つからなかったのでメリットや幸せなんかに置き換えて考えても良いでしょう。

 

うーん、何やら壮大な話だなと思うかもしれませんが、この共同体感覚は非常に大事なもので、例えば学校行事(運動会リレー)を思い浮かべてください。

 

足の遅い子、速い子、目立ちたい子、出たくない子、様々な思いを持ってリレーの走順を決めますよね?

最初は、非協力的だったやんちゃな友達も本番が近づき、みんなの士気が高まってくると「しゃーねぇ、やってやるか」なんて言いながら、本気になっちゃう人もいるかもしれません。

 

そうして迎えた本番、足の遅い子が懸命に走る姿や、速い子が他の相手を抜き去ったりする姿を見て普段声を大きく出さない人も自然と声が大きくなり応援します。

 

そうして見事1位!

 

クラスは1つになりました。めでたし、めでたし・・・

 

はい!この「1つになりました」の感覚です。

 

相手のためにと思って励ましたり、時には叱咤することもあるかもしれませんが、それは自分のためでもあって、もっと言えばクラス全体のためになるのです。

 

要注意なのが、相手のためと思っても相手が幸せな方向に向かわなければこの理論は破綻します。

 

大事なのは、あたかもみんなが一体感を感じるような感覚になれることです。

 

仲間の痛みを共同体で共有し、仲間の幸せを共同体で感じる。

 

かっこよく言えばこのような感じでしょうか?

 

こういったことを意識していくと、自然と人付き合いが上手になったり、人望が厚くなったり、自分と意見が違う人に対して怒りや憤りを感じなくなります。

 

多くの人は意見がぶつかり合うと、怒りや悲しみなどで自分を支配されてしまいます。

 

しかし、この感覚を鍛え続ければあらゆる人波に揉まれても自分を見失わずにやっていけるでしょう。

 

1つの言葉で尺を遣い過ぎてしまいましたが、他にもライフスタイル分析などもあります。

 

これは、自分の気持ちが沈んでいる状態から、どのような手段を持って気持ちを前向きなものにしていくかを分析するというものです。

 

それを、永続しない人間関係(仕事のタスク)、永続するが、運命をともにしない人間関係(交友のタスク)、永続し運命をともにする人間関係(愛のタスク)の3つに分けて考えていきます。

 

すると、自分がどのように考え感じ、どうやって築いていくのかという習性や習慣(アドラー心理学ではライフスタイルと言います)が見えてきます。

 

それを客観的に分析していきましょうね、というものになります。

 

この分析は、心理検査と似通ったものを感じますが、その人の特性を判断する上で非常に参考になるので、自分を客観視したい方がやってみると、新たな気付きを得られるかもしれません。

 

まだまだアドラー心理学でみなさんと共有したい考えというのはたくさんあります。

 

もし、記事を読んで興味を持たれましたら、5つの基本前提(①個人の主体性②目的論③全体論④社会統合論⑤仮想論)を学んでみると良いかもしれません。

 

ただ、意味を理解することが非常に難しいです。(私自身も理解が不十分だったり、間違った解釈をしているかもしれません)

 

それでも、なるほど!と思えることもあるかもしれませんので、冒頭に述べた人を中心に学んでみることをおすすめします。

関連記事

  1. 心理療法、検査、占い、ヒーリングは過信厳禁 ~目の前に答えが…

  2. 良いカウンセラーの探し方 それはとてもシンプルな答えです

  3. 心理療法紹介 ~EMDR・バタフライハグ編~

  4. トラウマの解消法 ~トラウマの出来る過程と克服までのメカニズ…

  5. カウンセリングを受ける目安 ~「心の健康診断」始めました~

  6. 心理療法紹介 ~交流分析編~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。