トラウマの解消法 ~トラウマの出来る過程と克服までのメカニズム~


トラウマの解消法 ~トラウマの出来る過程と克服までのメカニズム~


 

今回は、トラウマの解消法をお伝えしますが、あくまで一例に過ぎないので、全ての方に対応できる話ではないことをご容赦下さい。

 

あと、この話はカウンセリングにおいて非常に重要なテーマで、カウンセラーの色が出やすいため、タダで公開することは惜しいほどのものですが、この記事から誰かの支えになれればそれは本望なので、今回特別に方法の一例を紹介します。

 

まず、トラウマとは、外的内的要因による肉体的、または精神的に衝撃を受けたことにより、長い間それに囚われてしまう状態で、否定的な影響を及ぼします。これが一か月以上に渡って続くと心的外傷後ストレス障害に繋がることもあります。

 

言葉の定義は、このように非常に難しいのですが、過去の大きなショックが今現在もフラッシュバックするなどして、今も苦しめられている状態を指します。

 

各々トラウマの発生は異なりますが、多くのケースは突発的な出来事や、ショックを与えられた相手に対して、自分が何も出来なかったときにトラウマとして残ることが多いです。

 

例えば、災害などの自然災害や、強姦・痴漢などの犯罪行為、DVやいじめなどの他人からの精神的・肉体的暴力、自分の大事にしていた気持ちを裏切られた時など、その時その場で解決できなかったことがトラウマとして残ります。

 

ぶつけようのない怒りや悲しい苦しみは自分の体の中にあり続けるので、たとえ遠い過去の話でも今もその感情は生き続けてしまうのです。

 

トラウマを抱える人は、少なくありません。

 

漠然とした物事や人物への恐怖は、多くがトラウマに起因しているものと考えます。

 

前置きはこの辺りにして、ではどうすればトラウマから脱却できるのか。

 

鍵になるのは、ぶつけきれなかった気持ちの解放です。

 

直接相手にぶつけられなくても、他の人に自分のありのままの気持ちをさらけ出し、その気持ちを全て受容することで、あたかもトラウマを自分と相手で分散させられるような感覚になるので、気持ちが楽になります。

 

トラウマとは言わずとも、自分の失敗や後悔の話を他人に話していると、何か気分が楽になったことのある経験はありませんでしょうか?

 

原理は同じようなものです。

 

ただし、トラウマと言われるものは、長期化することがほとんどなので、衝撃的な出来事に対して、自分で心が追い付かないうちに頭でどうにかしようとして、ぶつけたい気持ちを押し殺してしまいます。

 

とにかく我慢するしかない、後戻りできないのだから無かったことにしよう・・・

 

納得いかないままに先に進もうとしても、そのしこりが今を生きることの足かせになるのです。

 

また、出来事によっては自分自身を嫌いになり、自己肯定感を失うこともあります。

 

「性格だから変えようがない」

「もともとこういう人間なんだ・・・」

「自分にはもう無理だ・・・」

 

罪を憎んで人を憎まずではないですが、過去のエピソードは確かにあなたにとってマイナスの出来事だったかもしれませんが、その出来事=あなたの全てという方程式は成り立ちません。

 

失ったものがたとえ大きくてもそれがあなたの全てではないし、また新しいことを始めるにあたって、今を懸命に生きれば築くことだって出来ます。

 

まずは、過去も今も全てを受け入れて、それからまた考えていけばいいのです。

 

ただ、トラウマを引き起こしかねないショックな出来事が起きた時には、心を休めることに専念しましょう。

 

心の傷も身体につく傷と同様に塞がるまでに時間がかかります。

トラウマと言うのは例えるなら、火傷や縫い傷のような消えないものや古傷の痛みみたいなものなのでしょう。

 

しかし、そのような傷も整形手術をしたり、温泉に通ったり食べ物に気を遣うことである程度目立たなくもなるし、気にしなくもなります。

 

みなさんがどういった思いで過去のトラウマや苦い経験を捉えているかは分かりませんが、少しでもこの記事がみなさんの心の傷を癒すきっかけになることを願って終わりにします。

関連記事

  1. カウンセリング療法紹介 1 ~論理療法編~

  2. 涙の意味 心の冷たい壁は涙が開ける?涙活(ルイカツ)応援プロ…

  3. 人は何のために生きるのか?そんなの自分のためでしょ!?

  4. 追い込まれた時には、出来るだけシンプルに考えよ!~シンプル・…

  5. 心理療法紹介 ~精神分析編~

  6. 子どもへの教えから学ぶ大人への教え 「自分がされて嫌なことは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。