メンタルを強くする・ストレス耐性を身に付ける方法 心の筋肉トレーニング


メンタルを強くする・ストレス耐性を身に付ける方法 心の筋肉トレーニング


 

昨今、今の若者は精神力が弱いなどと嘆かれることが多いかと思いますが、言うなればそうしてしまった大人たちに大きな原因があるようにも思います。

 

この辺りは、今回記事にはしませんが、今回は、ストレス耐性を身に付けてあらゆる人生の困難に耐えうる精神力を育てようということをテーマに話を進めます。

 

まず、大前提としてストレス耐性はストレスをかけ続けていけば身につくものではありません。

 

スポーツ根性のように、しごいてどうにかなるものではありません。

 

イメージしやすいものは、筋トレに近いところがあります。

 

筋トレは、毎日ハードワークを続けていても、超回復をするタイミングが無くなることで筋肥大しなくなります。(超回復については、否定されている面もありますが、休息を取ることでさらに強くすることとして考えてください)

 

なので、がむしゃらに筋トレをしてしまうと、怪我の心配も出てくることもあるので、身体と相談しながら負荷をかけていくことが重要です。

 

これは、心にも言えることで、ストレス環境にさらされ続けた人が、ストレス耐性があるかと言ったら決してそのようなことはなく、むしろそのような人ほどストレスに弱いのかもしれません。

 

逆にストレスとは無縁のような生活を送っていた人も、不幸などが重なってしまった時には、恐ろしいほど落ち込んでしまう人もいます。

 

では、いったいどうすればストレス耐性を強くすることが出来るのか。

 

それは、自分の乗り越えられる程度の刺激(ストレス)を受けることです。

 

大事なことは、この乗り越えるということです。

 

自分の中で、ストレスといったん認識したものを消化させていくということは、人を強くします。

簡単に言ってしまえば、人生経験の多い人などはストレスに強い傾向があります。

 

ここでいう人生経験とは、ただ単に歳をとるということではなく、生きて生きた中でどのようなことをしてきたのか、どのような経験や苦しみを味わってきたのかということです。

 

それらの経験を乗り越えた人は、当然人よりストレスに耐性を持っていることでしょう。

 

なので、若い時に苦労し、成功を収めた経営者などは非常に強いストレス耐性を持っていることと思います。

 

ここまで読んで頂けると、ストレス耐性がある人の方がすごい、偉い、というような印象を持たれてしまうかもしれませんが、決してそのようなことでもありません。

 

自分なりのストレスのやり過ごし方を身に付けていたり、そもそもあらゆる刺激をストレスに感じないメンタルを持てば耐性などはあまり気にしなくてもいいでしょう。

 

ただ、この辺りは本人の性格や成育歴、環境要因等に依存するので、鍛えてどうにかなるものとは、私は考えにくいかなと思います。

 

ストレスへの向き合い方は、十人十色なので成功者の話を聞いていても、どこか自分の中で釈然としない部分があったり、端からあの人と私は別の人間だからと共感することを拒絶してしまうと思います。

 

そうなってくると、自分なりのストレス耐性を向上させていったほうが、実用的で比較的早期に効果が表れると思います。

 

ただ、このストレス耐性を向上させることは、一朝一夕でどうにかなるものでは無く、時間をかけて徐々に鍛えていくものです。

 

また、明確なやり方というのは、どこにも示されておらず、本当に自分だけの方法を確立していくほかありません。

 

話しは少し逸れますが、学歴が会社で重要視されることは、この点にも一理あるかと思います。

 

どういうことかというと、勉強がそもそも大好きという人は、置いておきますが、勉強が苦手や嫌いだとして、それを続けていくためには、どこかで学ぶ楽しさなどを覚えたりしてひたむきに机に向かうと思います。

 

優秀な成績を求められる学校に入るということは、言わば勉強という1つのストレスを超えることが出来た人間だと認められたことにも繋がります。

 

そう考えると学歴の重要性は、決して無視できないものなのかなと感じています。

 

確かに、勉強だけが全てではありませんが、勉強と同等のストレスのかかることを学生時代にこなしてきたという実績があれば同じ土俵で戦えるかと思いますが、そうでなければ難しいですよね。

 

かなり、話が脱線してしまいましたが、何かのストレスを乗り越えるということは、ストレス耐性を高める唯一の手段だと私は思います。

 

日々まったりと過ごすことも良いかもしれませんが、時には刺激を求めて新しいことに挑戦してみたり、何かにストイックに打ち込んでみることもいいかもしれませんよ。

関連記事

  1. 差別のない世の中を 人に差をつけるのは終わりにしましょう

  2. 時間とお金と健康と・・・人生のRPG

  3. カウンセリングを受ける目安 ~「心の健康診断」始めました~

  4. 人と比べるから苦しくなる、自分の理想と比べて苦しむ分には大い…

  5. 人は何のために生きるのか?そんなの自分のためでしょ!?

  6. 出産・結婚・恋愛成就・出世・・・幸せと思われるライフイベント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。