涙の意味 心の冷たい壁は涙が開ける?涙活(ルイカツ)応援プロジェクト


涙の意味 心の冷たい壁は涙が開ける?涙活(ルイカツ)応援プロジェクト


 

今回は、人間の感情表現の1つである涙に注目して、話を進めていきたいと思います。

 

最近みなさんは、泣いていますか?

 

「子どもの頃は、泣いていたけど大人になってからは記憶がないな・・・」

「悲しくても、涙が出ないし堪えてしまうんだよね・・・」

「年齢と伴に涙腺が・・・」

 

いろいろあると思いますが、私は泣くことを強くお勧めします。

 

賛否両論あるかもしれませんが、私は泣くことが弱いことだとは思いませんし、むしろ人前でも涙を流せる人は、いい人だと感じ、守ってあげたいとも感じ、素直な人なんだと思います。

 

不謹慎かもしれませんが、泣いている人を見ると嬉しい気持ちになることさえあります。それは、自分の心を開いてくれたから出た涙なのだと認識しているからでしょう。

 

さて、涙を流すということは、生物学的に目の渇きや目の保護のためという作用を持ちますが、心理学的、またはカウンセリングの現場では涙の意味というものを非常に大事に扱います。

 

一般的に涙を流すときというのは、嬉しい時や悲しい時、怒った時など感情が高ぶった時に多く見られますが、各々涙が出る刺激というのは異なり、また強い刺激がなければ涙が出てこない人もいます。

 

ですから、簡単に泣いている人を見て、

 

「なんかあったのかな?かわいそうに・・・」

 

と決めつけるようなことはしません。

 

泣いている本人はかわいそうにと慰めて貰いたくて泣いているとは限らず、恥ずかしくて涙しているのかもしれませんし、面白くて涙をしているのかもしれません。

 

ここまで極端な例はあまりないかもしれませんが、涙というのは非常に様々な意味を持ち言葉でどういう時に泣くのかと説明のつくものでは無いと私は思います。

 

ただし、1つだけ言えることがあります。

 

泣いている人は、自分のありのままの姿をさらけ出しているということです。

 

某ロボットアニメの名台詞に、

 

「泣いているのは、私??」

 

というセリフがありますが、自己同一性(アイデンティティ)を感じる行為の1つなのかもしれません。

 

涙を流し、自分の心と身体が一致した時に初めて、自分の心にしまっていた冷たい壁は壊れて、解放されるのだと思います。

 

自分の心と身体が一致した状態は、言わば最高のパフォーマンスが出来る状態だと言えます。

 

今まで、心と身体が別々だったとしたら、心の指すベクトルと身体の指すベクトルが異なるということになりますので、自分の体の中で足の引っ張り合いが起きてしまいます。

 

それが、1つのものになったのならば、心と身体が協力し目標を達成しようと動くので、ものすごく大きい力を発揮することが出来ます。

 

これは、非常に大事なことで、人の持つ本来のエネルギーを発揮させることが出来れば、ほとんどの物事は実現可能になる程の力を秘めていると私は思います。

 

カウンセリングにおいては、心と身体を合致させようと働きかけたりもします。

 

私が、自己実現や自己啓発のためにカウンセリングを用いるのも、こういう要素があるからです。

 

少しは、涙に対して肯定的な気持ちに捉えられるようになってきましたでしょうか?

 

そうは言っても、いい大人が涙するなんてみっともないと感じていたり、男が涙するなんて情けないと思っているかもしれません。

 

そうであるならば、見えないところで泣けばいいじゃないですか?

誰も見ていないのなら、恥を感じることも無いでしょう。

 

もし、自分の素直な感情を誰かにぶつけたいというのであれば、私がいくらでも話を聞きます。

 

泣こうが喚こうが、ありのままのあなたを受け止めて見せます。

 

とりあえず、私から今回伝えることに関しては、以上になりますが、最後に、

 

ケツメイシさんの「涙」という曲のワンフレーズを紹介して終わります。

 

「溢れた感情は、単純に、こぼれる涙、止めずに泣いて枯れるまで」

 

小難しいことは考えず、単純に泣いてくださいな。

関連記事

  1. 良いカウンセラーの探し方 それはとてもシンプルな答えです

  2. つま先立ちで歩くのではなく、地に足を付けて歩くことのすすめ

  3. 心と身体の一致 ストレスの思わぬ正体とは・・・

  4. 発想力や想像力を鍛えるには変人になれ! ~見方が変われば世界…

  5. ストレスが爆発すると、人はどうなるのか~予防カウンセリングの…

  6. 心理療法、検査、占い、ヒーリングは過信厳禁 ~目の前に答えが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。