カウンセリング療法紹介 ~認知行動療法編~


カウンセリング療法紹介 ~認知行動療法編~


 

今現在、臨床場面で非常に多く用いられているカウンセリング療法の1つが、認知行動療法です。

 

相談者との相性が合えば、かなり効果的な療法になるのですが、相談者の意欲が無ければ、かえってプレッシャーになることもあるので、

 

「状況が変わるのであれば、話し合ってみたこと実践してみよう!」

 

という意欲のある方に用いるものと理解しておくことが良いと思います。

 

さて、この療法がどういうアプローチなのかを、簡単に説明しておきます。

 

何か出来事が起こった時、人はまず認知をします。

認知をしたら、考えていく中で感情が芽生えます。

感情が芽生えたことで、今度は行動に移ります。

 

つまり、認知と感情、感情と行動は密接に関係しているため、認知と行動に何か刺激を与えれば感情が変わるのではないか、というアプローチです。(認知療法+行動療法)

 

例えを挙げてみましょう、

 

出来事が、自転車で走っている時に人前で転んでしまったとします。

 

その出来事を受けて、認知(思考)します。

 

「自転車壊れていないかな・・・」

「思い切り人に見られてしまった」

「自分の怪我は大丈夫か?」

 

このような認知(思考)から今度は感情が芽生えます。

 

「自転車高かったのに、悲しい・・・」

「人に見られて恥ずかしい・・・」

「どうしよう、どうしよう(焦り)」

この感情から今度は行動に移ります。

 

・自転車をすぐに起こす

・顔を赤くしてうつむく

・汗をかいてあたふたする

 

このように行動が出てきます。

 

そして、今回の相談者が、このようなエピソードから、自転車に乗ることが怖くなってしまい、困っているとします。

 

なぜ、この相談者が自転車に乗ることが怖くなってしまったのか、その考え方を見直すことで問題解決に導く方法(認知療法)と、

 

自転車に乗っている人をただ観察してみたり、誰にも見られない場所で自転車にまたがってみたり、何か行動をしてみることで「怖い」という気持ちを変えていくという方法(行動療法)です。

 

具体例を挙げてみて少しは、内容が分かってきましたか?

 

この療法の最大の特徴は、数多あるカウンセリング療法は、認知(思考)にフォーカスすることが、非常に多いのですが、この認知行動療法は行動にも焦点を当て、また認知と行動のどちらを変えていくかは相談者が決めていいところにあります。

 

この大きなメリットともう1つ、リラクゼーション法をはじめとした実生活で導入しやすく効果が認められるものを数多く備えていることです。

 

全てを挙げるときりがないので、少し紹介すると、

 

呼吸法というものがあります。

 

人は過度な緊張状態に陥ると、呼吸が乱れ上手く酸素を取り入れられなくなります。

 

このようになることで、焦って通常はしないミスをしたり、上手く言葉が発せなくなったり、ひどい時には過呼吸や意識を失うことがあります。

 

そこで、そういった予兆を感じた時にはすぐに呼吸を整えることで対策していこうというものです。

 

やり方は、いくつかありますがどれもいたって簡単、一例を紹介すると、

 

「1,2,3・・・・8」と心の中で数を数えながら息を吸い、

「1,2,3・・・・8」×2で息を吐きます。

目を閉じて、お腹や胸が膨らんだりしぼんだりすることを感じながら行います。

数分間続けることで、呼吸のリズムがもとに戻ってきます。

 

これが、簡単な説明にはなりますが、呼吸法になります。

 

すぐにカッとなってしまう人にも効果的なので、試してみて下さい。

人前で露骨に続けると、この後誰かが注意されると警戒し、怖がりますので、隠れてやるようにしましょう。

 

今回は、認知行動療法についてまとめてみましたが、ここでの話は本当にごく一部であり、簡略化して説明している箇所もあります。

 

また、扱う領域が広範に渡りますので、柔軟な対応が求められ、専門性の高い療法の1つと言えるでしょう。

 

そうは言いましても、合う合わないは必ずあるので、この療法で上手く改善出来なかったという人は、違うものを試してみて自分に合うものだけを取り入れれば良いかと思います。

 

1つ言えることは、最善のカウンセリング療法は、あなたオリジナルの療法です。

 

型はあまり意識せず、実践可能なものややってみたい、納得できるものを組み合わせて、自分の「カウンセリングにおけるトリセツ」を作っていきましょう。

関連記事

  1. 相談相手は第三者がいい?

  2. 心理療法紹介 ~交流分析編~

  3. なぜ日本で若者の自殺や引きこもりが多いのか? ライフコンサル…

  4. 心理療法紹介 ~フォーカシング編~

  5. カウンセリング療法紹介 ~来談者中心療法編~

  6. 良いカウンセラーの探し方 それはとてもシンプルな答えです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の記事 おすすめ記事

ブログランキング