元気になる魔法の歌 「幸せなら手をたたこう」


元気になる魔法の歌 「幸せなら手をたたこう」


 

幸せなら手をたたこう、幸せなら手をたたこう

 

幸せなら態度で示そうよ、ほらみんなで手をたたこう♪

 

みなさんも聞いたことのある、アメリカ民謡の「幸せなら手をたたこう」です。

 

この歌を歌うとだんだん元気が出てくる気がしませんか?

 

最初のフレーズを歌っている時の気分と、最後に歌い終わった後では、気分が違うように私は感じます。

 

日本では、手遊び歌としても有名ですが、動作をつけて歌うとよりいっそう元気になる気がします。

 

この歌では、「しあわせ」という感情を表現するなら、手を叩きましょうという歌ですが、日常生活で、みなさんは感情を表に出して表現していますか?

 

感情には、しあわせだけでなく、怒りや悲しみ、辛さや嫉妬、楽しさや嬉しさ、とてもたくさんの表現があり、言葉としては多くの人が認識していると思います。

 

でも、その表現方法はひとそれぞれで、同じ「楽しい」という気持ちも人によって感じ方は違いますし、その状況によって同じ人でも楽しいの中に違うエッセンスが入ることもあります。

 

そういった時に、素直に自分の感情を表に表現することは、難しかったり、また他の人との関わりの中で、素直に自分の気持ちを表現できなかったりします。

 

それって何か苦しいし、つまらなくないですか?

 

もちろん、自分の素直な気持ちを表現することで相手を傷つつけてしまうこともあります。

 

でも、飾らず自分を表現することは、「ありのままのあなたの姿」なのではないでしょうか?

 

少し話は変わりますが、カウンセリングの世界にも行動療法というものがあり、行動を変化させることで気持ちを変えていくというアプローチの心理療法があります。

 

例えば、自分に自信が持てない人がいるとしたら、

 

目線を少し上げるよう意識する、胸を張って歩くようにする、いつもより少し明るい服を着てみるなど、ほんの少しでもポジティブになれそうなものを日常に取り入れることで、気持ちが大きく変わることがあります。

 

勝負下着というのも、自分を鼓舞するためのものかもしれないですね。

 

ここまでは、明るい前向きな話をしましたが、逆に辛いという気持ちも表現すると良いです。

 

相談相手に「つらい」と訴えても、あなたの感じている「つらい」と、

 

相手の感じる「つらい」には、少なからず違いがあります。

 

相談相手は、私のことを全然わかってくれない、と思っている人は、

 

自分の感情を相手に上手く伝わるように表現しきれていないのかもしれません。

 

もちろん、相手があなたの感情を理解できず、受け止められないこともあります。

受け止めた気になっているのかもしれません。

 

そうした感情への理解のズレが、人間関係のズレも生みます。

 

ライフコンサルタント(カウンセラー)は、そうした人の感情を汲み取るプロです。

 

少し見直しましたか?

 

というのは、冗談で、

 

自分の気持ちを素直に表現することは、とても大切なことです。

 

また、なりたい自分に近づくために行動を変えるということも非常に大事です。

 

最後に、もう一度「幸せなら手をたたこう」を一緒に手をたたいて歌いましょう。

歌えない環境や、手を叩けない環境でこの記事を見ている人は、やっている自分を想像しながら、歌詞を頭で読んでいってください。

 

♪幸せなら手をたたこう♪

 

♪幸せなら手をたたこう♪

 

♪幸せなら態度で示そうよ♪

 

♪ほらみんなで手をたたこう♪

 

ね、少し元気になったでしょう!?

関連記事

  1. 追い込まれた時には、出来るだけシンプルに考えよ!~シンプル・…

  2. 自分とは何か?人にまみれた世界で自分を取り戻せ!今生きている…

  3. ラジオ体操のすすめ ~1日のスタートを運動から~

  4. 過去にif(もし)はないが、未来にif(もし)はある ~未来…

  5. 目的の先にある目的は何か・・・終わることのない人生の旅路

  6. 記憶の上書き保存 ~記憶は書き換え可能!?~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の記事 おすすめ記事

ブログランキング